通信制高校!メリットとデメリットについて

通信制高校のメリットとは?

通信制高校のメリットとデメリットについてご紹介します。

通信制高校のメリットはたくさんあります。その中でも1番大きいメリットは、毎日通学しなくてもよいことでしょう。学習は月に数回ほどのスクーリングという面接指導や特別活動という学校行事等への参加などを除き、自宅学習が中心です。時間や場所にとらわれることなく自分のスタイルで勉強できるので、働きながら勉強する人でも病気など何らかの事情により通学が難しい人でも高校卒業資格が得られます。また、人間関係に悩むことが少ないのもメリットといえます。スクーリング以外ではほとんど他人と顔を合わせることがないので、人間関係が煩わしいと思う人には快適な環境といえるのではないでしょうか。さらに、公立と私立では違いがありますが、授業料が全日制と比べて全体的に割安なこともメリットです。経済的な理由で全日制に通うのが難しい人でも働きながら通うことができます。

通信制高校のデメリットとは?

メリットが多い通信制高校ですが、デメリットもあります。まず、自分できちんと計画をたてて勉強しなくてはならないことです。全日制高校の場合は嫌でも授業で勉強することになります。しかし、通信制高校は授業がありません。自分の生活スタイルに合わせて勉強できますが、それには自分で計画的に学習を進める必要があります。誰が監視しているわけでもないので、つい怠けがちになることが多いようです。また、人間関係に悩まなくてすむ反面、友人ができにくいこともデメリットといえます。友人がたくさん欲しいという人には寂しい環境かもしれません。

何らかの事情で高校に通えなかった人に勉強の場を与えてくれるのが通信制高校です。通信制高校を埼玉で受講して自分を高めることができます。