事業資金で悩む場合はファクタリングの基本を理解しておこう

事業資金が足りない場合の対処法

会社を運営していると、様々な問題が発生しますが、大きな問題の1つはお金になります。個人的に商品を売却したりサービスを提供する場合とは異なり、会社間の場合には相手企業に商品やサービスを提供した場合でもすぐにお金が入ってくるとは限りません。特に、大量の商品や高いサービスを提供したときには、手形等で支払われることが多いため1ヵ月以上先までお金が入ってこない状態が続きます。資金繰りが厳しい会社の場合には、倒産してしまう可能性すら否定できません。そこで、早い段階で事業資金を捻出する方法の1つがファクタリングと言われる方法です。

ファクタリングの魅力はスピード

ファクタリングとは、お客さんに対して商品やサービスを提供してしばらくお金が入ってこない時、ファクタリング業者からお金を手に入れることが可能な仕組みです。ファクタリング業者の方では、債権を貰い受けてそのかわり債権を持っていた会社にお金を渡します。いわいる債権譲渡と呼ばれるものですが、これをすることにより債権を譲り渡した会社は比較的早い段階でお金を手に入れることが可能になるわけです。このとき、債権譲渡したことを債務者に対して報告する必要はありますが、一時的に資金を手に入れたい場合には非常に有効な手段です。

ただ、このような場合でも100%お金が手に入るわけではありません。例えば手形の金額が1,000万円でも、その手形を譲渡をしてお金を手に入れるときに950万円程度しか手に入らない可能性もありますのでその点をよく考えてファクタリングを利用するようにしましょう。

売掛金をファクタリング会社に買取りして貰うことにより、速ければ申し込みをしたその日にお金を手に入れることが可能です。