失敗しない!中学受験の塾はどう選べばいいのか

中学受験で塾は必要か

中学受験のレベルは年々上がりつつあります。この知識は中学に入ってから学ぶものなのでは、という問題がほとんどです。特に難関中学の入試では、小学校では習うことのない発想力や幅広い知識も問われるため、しっかり過去問分析を行っている塾に通うことが合格への近道と言えるでしょう。

集団塾と個別塾、どちらがいいのか

集団塾か個別塾かは、お子さん本人の性格と志望校によります。友達と一緒が良い、自分がどのくらい出来るか知っておきたいというお子さんは、常に周りを意識できる集団塾がおすすめです。恥ずかしがり屋でわからないところを質問しづらければ、個人のペースに合わせてくれる個別塾を選びましょう。また、志望校のレベルが高ければ、集団塾で少人数授業を行っているところを探してみると良いです。集団塾は生徒数が多いので、教師数も多く、本人に合った先生と出会える可能性が高いからです。

塾だけに頼らないように

受験、特に中学受験は、家族一丸となって取り組む必要があります。塾の授業を受けただけで満足してしまってはもったいないです。教えることはプロの講師にお任せするのが1番ですが、塾の予習復習をしているかチェックしたり、暗記事項の問題を出してあげるなど、家族も受験勉強に参加しめしょう。ご家庭で取り組みやすい宿題を出してもらえるかも、塾を選ぶ基準になります。

体験授業で、相性の良い塾を見つけよう

どの塾も体験授業を受けることができます。講師によって個性があるので、もし合わないと感じれば別の講師で受け直したり、別の塾に体験に行ってみてください。講師やテキストとの相性、予算、そして何よりお子さんご本人の意思を尊重して、後悔のない塾選びをしてくださいね。

学習塾は、教え方の上手な講師の下で学べば飛躍的に成績が伸びるケースがあります。成績不振に感じている場合は、早めに入塾して改善する事が大切です。